CORPORATE

設計監理と工事の流れ

設計監理と工事の流れ 図

1ご相談

お電話やメールなどでご連絡ください。その後直接お会いしてご要望、ご予算などお聞きします。
電話・メール・来社による相談は無料です。お気軽にご相談ください。

2企画調査・ラフプラン作成

お客様の希望をお聞きして、ラフプランを作成します。
同時に敷地調査や法的条件、周辺環境を調査を行います。

3設計契約

ラフプランにご納得頂き、設計依頼の意思が固まりましたら設計監理契約を行います。
※設計監理料は工事金額と内容によって変わります。[設計監理料について]よりご確認ください。

4基本設計

基本プランをお客様と打ち合わせを重ね、基本設計図・模型・パース等を作成し、より具体的な設計プランを決めていきます。

5実施計画

設計プランが決定したら、それに基づき実際の工事に使用する実施設計図書を作成します。

6工事見積もり

設計図書が完成したら、工務店や建設会社へ工事金額の見積もりを依頼します。

7予算調整

各業者から提示された見積もり金額が予算をオーバーした場合、施工方法の再検討などを行い調整します。

8施工業者の決定

お客様と施工業者との間で、工事請負契約を結んでいただきます。

9地鎮祭

着工前に工事の安全を祈願します。

10着工・工事監理

工事が設計図どおりに施工されているか確認し、各施工方法の検討や現場での施工状況をチェックしていきます。
同時にお客様と仕様やカラースキーム等、詳細について最終確認し打ち合わせを重ね完成を待ちます。

11竣工・お引き渡し

全ての竣工検査の後、お客様の検査を行い不具合手直しの後、建物の引き渡しとなります。